何事もぬるいくらいがちょうどいい。不定期更新。※画像及び文章転載禁止とさせて頂き〼。
我が家最大のピンチ。 (2017/01/30)
先週火曜日からうち、何だか体調が優れなくて
謎の腰痛。しかも徐々に立っていられない程の激痛に。
水曜深夜に起きてしまって熱を計ったら40度!
旦那氏のが感染った?
それとも三男の風邪??
市販の薬を飲んで効いてる間にちびたちのお弁当を
簡単に作り朝5時過ぎリビングで再び死んでたら
旦那氏起床、そして

「俺、入院することになるかも」

えーーーーーーーーーーーーーーー?!
なんつータイミング…。
親二人がダウンな上に父入院!
まじか。(゚Д゚)
旦那氏のは特定の病名はないのかな?
本人曰く、ウイルス感染症による免疫低下だけど
突発性発疹も身体に出たとか。
ずっと顔色が土色だったので大丈夫かなぁと思ってたけど
まさか入院するとは思ってなかった。
会社と相談する、と言ってスーツ姿で出掛けた旦那氏
また着替えとか取りに戻ってくるかと思っていたら
そのまま病院に入院させられてました。( '∀`;)
パンツとか全部置いてあったけど…??

うちはうちで、また熱のぶり返し微熱出した三男を
幼稚園休ませて一緒に『たけのこ診療所』という
こっちでは周知の日系クリニックへ。
もう深夜に飲んだ市販薬の効果もすっかり切れ
茹だるような熱さと身体中の激痛に見舞われ
今年アラフォーってのに病院で泣きました。痛くて。
心配そうにずっと手を握ってくれた三男、
ありがとう。なんちゅうええ子や〜。゚(゚´ω`゚)゚。
うち、急に高熱が出て身体も痛かったから
きっとインフルにかかっちゃったのかなと
思ってたんだけれどインフル検査は陰性。
点滴ついでにやってもらった採血検査で

20170125213101dc8.jpg

デング熱にかかってたことが判明。

…我が家、終盤のジャカルタ生活で最大級の危機。
デング熱とは言え母まで入院は出来ないため
毎日病院に点滴に通い、安静にすると言う条件で
自宅療養にしてもらいました。
しかしジャカルタの道は駐在されてる方は
よくご存知かと思うけど
日本と違ってボッコボコ。
車内はなかなかに揺れるのね。
これが痛み発症中の身体にはまぁ〜キツくて。
病院まで昼間だと30分はかかるので地獄の時間。
帰りは痛み引いてるからいいんですが。。

そしてもう1つの問題。
我が家には食べ盛りの息子たちがいる。
でも痛みでまともに動けないワタクシ。
週3でルームサービスが入り、メンテや清掃などを
してくれるからそこはいいんだけれど
メイドさんは雇わず来た我が家、
ご飯作ってくれる人がいない!
急に実家に頼るわけにもいかないし、
モール直結でも、レストランやスーパー直結でもない
アパートに住んでるのでご飯が困った…
そこで同じアパートに住んでるお友達に
各家庭で雇ってみえるメイドさんの中で
ご飯だけ我が家へ作りに来てくださる方がいないか
相談。出来ればお弁当のおかずも…と(笑)。
そしたら皆さんメイドさんに掛け合って
くれるだけでなく
たくさんの食べ物や飲み物をお見舞いにと
くださり、息子たちのお弁当も曜日で手分けして
作っていただいちゃいました。
もちろんメイドさんも平日と土曜日は
ご飯を作りに来てくださって後片付けもしてくれて。
感動してここでも泣く。(´;ω;`)
このご恩は一生忘れません。

最後にゆっくりお茶しようねと友達としていた
約束もキャンセルしてしまったのに
嫌な顔1つするでもなく心配してラインをくれた友達、
電話をくれた友達も本当にありがたかったです。
みんな好き過ぎて別れがツラい!!。゚(゚´Д`゚)゚。


大変でしたね!大変でしたね!
読んでるこちらまで泣きそうになりました。
海外でそれは不安だ・・・
子供3人いて、親が二人ともダウンすると
ホントなんも出来ないですよね。
子供たちが小学校高学年くらいなら
すまぬ、後は頼む・・・と
言い残して寝れそうですが(笑)

旦那さんの体調はどうですか???
まだ入院中?海外で入院とかなんか怖い・・・
早く良くなりますように・・・
(yuki)
2017/02/02 | URL |(trip@WGj0Orxo)
編集



yukiさん>>
実はこの記事、うっかり予約制にしちゃってたから
自動更新されてたことに今日気がつきました。。
まだ終わってないんです。( '∀`;)
(事後報告)の文字は取りましたがまだ続きが…
本当に日本に早く帰りたいと強く思ったのは
間違いなく今まで最強ですね。
周りの方々に助けていただいていなかったら
どうなっていただろうとゾッとします。。
そういう意味ではとても幸運に恵まれてるんでしょうね。
(うち。)
2017/02/03 | URL |(trip@-)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
ぬるいお風呂に小一時間 © うち。 2017. (http://nuruburo.blog48.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.