何事もぬるいくらいがちょうどいい。不定期更新。※画像及び文章転載禁止とさせて頂き〼。
月別ログ_2006年01月分
変わってしまったあなたへ…。 (2006/01/31)
思い起こせば、小さい頃からあなたを見てました。


いつも会えるのを楽しみにしてました。


面白くて、楽しくて、温かくて。


何かに挑戦する大切さも体張って伝えてくれたのはあなたでした。


でもある日、あなたは急に変わってしまった。


たくさんの仲間が出来て、賑やかで。


変わってしまったことが少し寂しかったけど、


それでも見てました、あなたのこと。






でも、ごめんなさい。


気がつくとあなたから卒業していたんです。


あんなに好きだったのに、興味がなくなってしまったんです。






ポンキッキ。



いつも私は負けてばかりだった。

コニーちゃんのジャカジャカジャンケン。




ごめんね。正直、直視できない。

たなチュー、おおたぴかりの爆チュー問題。




でも、これだけは変わらずにいてくれましたね。

ボートレースガイド。たぶん東海地区限定。



…っていつの間に土曜放送になったんだ?(゜Д゜)


恐竜と雪男。


モノクロのこの子達のグッズ見ながら描いてみたら
マウスのわりに結構うまく描けました。

あ、コレを載せたかっただけです。(´⊇`)キッパリ。
COMPARISON (2006/01/25)
かなり久々にま~さんからのバトンきたYO! たとえバトン








 エリカが空に輝くお星様なら、あなたは地面で干されるニボシ様!











未だに家なき子が頭をよぎる23歳ですが何か。(・∀・)











                               ずーん。|||Л○|||




…さっ、バトンバトン。


 

付記

微妙な出来事。 (2006/01/18)
お昼、マックのチーズデミグラが食べたくなり
チーズデミグラとナゲットをお持ち帰りしたところ、
店員さんのミスでエビチキが入っておりました。

P506iC0069402666.jpg



しみったれなうちは40円得したと喜んでみたものの

P506iC0083165481.jpg


エビチキ1コ食べてみてやっぱりナゲットの方がウマイと思いました。
得したような、損したような…微妙なキモチ。(-公-lll)ゞ
ファッションバトン。 (2006/01/17)
 
今までで一番長いバトンかも。ファッションバトン


 

付記

萌えバトン。(*´艸`) (2006/01/12)
いちご姐さんからエロいバトン頂きました。(*´Д`*)

萌えバトン



書く意欲を実に掻き立てられるバトンです。


 

付記

福袋の悲劇。 (2006/01/09)
先日買った525円と1050円のアクセサリー雑貨福袋。
どちらも10000円分の商品が入っているそうな。
そんな謳い文句に惹かれて即買いしたうちさん。




…。(´⊇`)




やっぱり悔しいので記事にしちゃうもん。

福袋に福なし。


一言で商品の感想を言います。


ダサ。凹○コテッ


鼈甲もどきのアクセサリーや一昔二昔以上前の
カチューシャとかパッチン止めなんて売れ残るよ。
ピアスなんて真珠もどきの安物。意味のない中華風の巾着。
デザインがよくわからないチョーカー。使い方自体わからない髪留め。


…でもよく分かってます。

安さに踊らされて即買いしたうちが一番ダサいってことくらい。(*つдヽ)。゜。


まだあるの。これらと一緒に入ってた

キッズアクセ。


キッズアクセ。|||Л○|||
こんなんうちが付けてたらみんな退くよなぁ…。
福袋に福無し。ってかどうすりゃいいんだコレ。(゜Д゜)
切ない気持ち。 (2006/01/04)
今日は長い付き合いだった方々とお別れの準備をしました。(*つдヽ)。゜。

中学の頃お世話になった通学カバン。

P506iC0080281894.jpg



高校の頃お世話になった体育館シューズ。

taiikukansyu-zu



高校の通学用に買った、大好きだったワインレッドのリュック。

bag




別れが惜しくてずっと大切にしまっていたのですがボロボロになって
誰かに譲る事も出来ないので別れを決意。
切ないので写真に残します。

来週月曜、不燃ごみの日が本当のお別れ。(*つдヽ)。゜。

ホントにお世話になりました。m(_ _)m
ゲゲゲの森。 (2006/01/04)
12月29日、名古屋パルコで開かれていた
水木しげるのゲゲゲの森へ行ってきました。
入場無料でかなり楽しめるところでしたよ。

妖怪ギャラリー。

おやじ殿と鬼太郎氏。


鬼太郎の出生秘話やキャラクターたちの身体の秘密とか
たくさんの妖怪たちが紹介されていて、不気味なんだけど面白い。
テンション上がってお土産も買っちゃいました。自分へのね。(´⊇`)

自分へのお土産。


目玉のおやじうちわ目玉おやじの棒付き飴
ぬりかべジャーキー妖怪コーヒー


うちが一番気に入ったのが目玉おやじの棒付き飴。

目玉のおやじキャンディ。


この飴の見た目もなめてる人の姿もけっこう不気味ですが
味は懐かしい感じでイケる。
ちなみに相方は目玉のおやじTシャツを買ってました。

ゲゲゲプリ。

学生時代に作ったラジオドラマ。 (2006/01/03)
ずっと押入れにしまってあったとある原稿を掃除途中に見つけました。
専門学生の時、課題作品として作ったラジオドラマの原稿。ラジオ科だったんで。

この作品は今聴くとむず痒いくらい未熟なものですが
当時は一生懸命書いてたなぁなんて思い出したりして。
結構思い出深い作品なので記事にしてしまいます。(*´艸`)


ちなみに当時よく言われてたのは
「Hさん(うち)の作品って、大抵ハッピーエンドにならないよね。」


作品を考えてると何となく負の方向に行ってしまう。
実際に、とある本を脚色した場合も本編と全く違う方向へ。
                       …ひねくれてるからか。チ―(゜Д゜)―ン


…でもでもハッピーエンドじゃインパクトないよね?ね??
個性です、うちなりの。(´⊇`)

ラジオドラマを文章のみで伝えるのは読み苦しい部分も
あるかと思うので興味のある方だけどうぞ。(・∀・)話の展開おかしくてもスルーして下さい。
あ、若干ホラーです。
うちはホラー苦手ですが自分で作るのは嘘っぱちなんでそう怖くない。
読み返すと怖いけども。




      



(携帯着信音)ピピピピピ… ピピピピピ…


(俊介)
「もしもし?」



―――もうすぐ、会えるね。―――



(俊介)
「もしもし?どなたですか?」



ツー ツー ツー ツー…






【4年程前(専門学校1年生)に制作したラジオドラマ原稿】  約束

 

付記

大室山。 (2006/01/03)
静岡旅行2日目。
怪しい少年少女博物館を出た後、近くにある大室山に来ました。
ココ、ただのハゲ山だと思ってたのですが
観光地のようでけっこう賑わっていました。
ロープウェイで上に登れると彼が調べてくれてたのでさっそく山頂へGO!

陽が当たりまぶしそうにするりょう君。

まぶしそうなタレ目君。



ロープウェイからの景色。

ロープウェイからの景色。



山頂について目に飛び込んできたのは
海と山と街が一望できるホントに素晴らしい景色。
目の前に広がる水平線が何ともキレイでした。(*´人`*)

目の前に広がる水平線。


山頂にあったもの。


クレーター?



空気も美味しいし、ホント最高
こんな場所でちょっとしたケンカをしたのは内緒。
と、いうかうちが一方的に怒ってたのですが。(´∀`)テヘヘ
怪しい少年少女博物館。 (2006/01/03)
12/31、相方・りょう君との2005年最後の静岡旅行2日目。

10時にかえで庵をチェックアウトしてから
車で10分ほど走った場所にある怪しい少年少女博物館

怪しい少年少女博物館。



独特の佇まいに惹かれるように入ってしまいましたがほんとに怪しい。
入り口くぐる前からこんな方々がいました。

カッパさんと浴衣女性。


カッパさんと浴衣女性。
そして入り口入って受付済ませたら迎えてくれるのがこの方。

ダイハツミゼット。


ミゼットのキャンギャルでしょうか。(え。


さらに中へ進むと

マネキンがずらり。

さらにずらり。


マネキンがずらり。マネキンじゃないのもいっぱいいるんだけども。
この館のコンセプト通り、とことん『怪しい』。

で、この少年少女博物館の中に『花みくじ』やら『恋みくじ』やらが
あったので『花みくじ』を引いてみました。

見事大吉。(・∀・*)ヤタッ!

多分おみくじの結果が良くなかった人たちはこの場所へ
おみくじを結んでいくのでしょうが何かすごいことになってました。

狙われた巫女さん。
狙われた巫女さん。


狙われたモデルさん。
狙われたモデルさん。


狙われた舞妓さん。
狙われた舞妓さん。


狙われたおじさん。
狙われたおじさん。


このおじさん、渡り廊下みたいなところに横向きに置いてあるので
正面は見にくかったんだけど無理やり携帯で撮ってみたら

爆怖。


爆怖。((((OДO;)
しかもお腹が裂けていたのでとてもカメラに収められるような
ものではありませんでした。
ましてやブログにUPなんぞ…。この画像でギリ?アウト??


他にもたくさん写真を撮り、旧ぬる風呂ではUPしてましたが多すぎるので略。


『少年少女博物館』なのに関係ないものの方が多く展示されてる
怪し怖い変わった博物館でしたがかなり楽しめました。

でも「レトロでちよっとふしぎ…」をテーマにお年寄りから家族連れ、
若い人達まで誰もが楽しめる博物館とHPでは
謳ってますがダメな人はダメかも。(-公-lll)ゞ
昭和の懐かしいものもたくさん展示してあって興味深かったですが
お年寄りにも子供にも刺激が強いものが多々…。
それでも団体で見に来る会社や学校もあるそうです。

奥深いな静岡県。
セレ風呂。 (2006/01/01)
夜はうまく写真が撮れなかったので次の日朝風呂時に撮影。
こんなセレブなお風呂には初めて入りました。

なんと、バラ風呂 

キレイなバラ。



こんなキレイなバラを惜しげもなくお風呂の中へ。

ちょっと少ないとか言わんといてね。

ぷかぷか。


…入れるとけっこう量が少ないように感じられてしまうのですが
バラが優しく香ってかなり優雅なバスタイム。
朝の景色もかなり絶景でした。スゲー(*´Д`*)
かえで庵。 (2006/01/01)
12月30日、サファリパークから車で更に走る事1時間強。
街灯もあんまりなく、薄暗くなった場所にあった
うちらが泊まる旅館かえで庵にたどり着きました。
彼の方向感覚のよさに改めて脱帽。(・∀・;)
男性ってホントそういう感覚が優れてますね。いいなぁ。

かえで庵の外装を写真におさめたかったのですが暗すぎて
撮る事が出来ませんでした。けっこう迫力があって怖い。((((OДO;)

まずは部屋の中。

洋風な入り口。

ダブルベッド。


西洋風な感じで家具とかもオシャレ。かなり素敵な部屋です。
そしてこのかえで庵には各部屋に露天風呂がついてます。
街灯もほとんどなく、真っ暗なところにありますが
夜空はハンパないくらいキレイ。
小さな星もはっきり見えてプラネタリウムみたいです。(*´▽`人*)

夕方に撮影した露天風呂からの夕焼け。

部屋の露天風呂からの景色。



興味ある方はHPを見て下さい、かなりオススメです☆ かえで庵HP
朝のかえで庵。 (2006/01/01)
朝のかえで庵。


…朝明るいうちでも迫力があります。(´⊇`)
深夜に彼とコンビニを探しに外へ出たんですが夜のかえで庵はかなり怖かった。((((OДO;)

セットみたい。


やっぱりセットみたい。



でもね、ベランダからの景色は最高!*・:.。.:*(゜∀゜)*:.。.:*
山の景色も海の景色も一望できます。

ベランダからの景色。



従業員の方もすごく丁寧にサービスしてくれますし、
お部屋もオシャレだし景色もいい。
佇まいはちょっとコワイけど、もう一度来たいと思える旅館でした。


伊豆上陸記念プリ。
富士サファリレポ。 (2006/01/01)
静岡県1泊2日旅行1日目。
相方もうちも初めて来る富士サファリパークへやってきましたYO!ヾ(*´∀`*)シ


ドキドキしながら相方の運転する車でクマゾーンより進入。

くまさん。


クマさんはデカかった。
いろんなクマさんがいましたが何が何だか。誰がどれだか。


で、うちが一番見たかったのはライオンゾーン。
そりゃもう近過ぎちゃってどうしよう的な気分を味わいたかったのですが

ライオンさん。


寝てばっか。(゜Д゜)

ひたすら眠るライオンさん。


起きてくれないライオンさん。


ご飯食べたばかりだったのでしょうか…無念。
他の動物の方々の写真は追記へどうじょ。

 

付記

富士サファリレポ。弐 (2006/01/01)
トナカイ車。


クリスマスも終わったってのに、トナカイの馬車に乗りたい人たちが
ながーい列を作ってました。うちも乗りたかったなんて言わんもん。

車を降りてから園内を回ろうとたどり着いたところがネコの館
富士サファリパーク入場料とは別に500円かかります。
「おぉ、そんだけおもしろいのかなー」なんて思ってたら
猫が部屋の中で放し飼いにされてるだけでした。
大半の猫が寝てる。(゜Д゜)マタカヨ
でもカワイイので抱っこしようとするとフーーー!!

カワイイくせに…。


…威嚇され怖くて抱けない。|||Л○|||ビビリです。

ココを楽しむならどうしたもんだかと館内をうろうろしてたら
すごい猫を見っけました。ストーブの上で寝続ける

焼け猫。


焼け猫。Σ(゜Д゜;)スゲー
熱くないのかな、すごく気持ち良さそう。
君に会いに来たと思えば500円くらいワケないYO!゜。(´Д`*)

猫の館を出た後、ギャラクシーホールとかいうとこで
ゲッシーランドっていうイベントがやってたんで覗いてきました。
げっ歯って「げっぱ」って呼ぶのかと思ってた。

続きは追記へどうじょ。


 

付記

ページ上部に戻る▲
ぬるいお風呂に小一時間 © うち。 2006. (http://nuruburo.blog48.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.